July 8th (Sat) @ Osu Rad Hall (Nagoya, Aichi)
Doors 14:30 | Show 15:00
STIFFSLACK SHOP 14TH ANNIVERSARY SHOW
w/ Low-pass / bed / folio / CARD / malegoat

July 9th (Sun) @ Fever (Shindaita, Tokyo)
Doors 17:30 | Show 18:00
w/ ATATA | fam | malegoat
[Lifted Bells: Back Catalogue Set (Self-titled / Lights Out / Overreactor)]

July 10th (Mon) @ Fever (Shindaita, Tokyo)
Doors 18:30 | Show 19:00
w/ told | The Firewood Project
[Lifted Bells: New Album Set]

TICKET

前売り ¥3,800 | 当日 ¥4,300

Available at…

eplus

Stiffslack

各会場窓口


TICKET RESERVATION:
JAPANNABELLS TOUR 2017


Lifted Bells

巨匠・鈴木慶一氏 (ムーンライダース)を唸らせたギターテクニックの持ち主
Matthew Frank (Their/They’re/There)を中心に、2013年に始動。

ギターレスのBob Nanna (Braid / Hey Mercedes)をセンターに、
サイドギターに、Matt Jordan (ex-Into It. Over It. / Stay Ahead of the Weather / Cut Teeth)を配した布陣。

“新旧世代がタッグを組んだドリームバンド。

テクニカルなギターリフに、Bobの珠玉のメロディーセンスが合致。

90年代のオリジナルエモ、2000年以降のマスロック、
2010年以降のエモリヴァイバルムーブメントを

一気に総括するようなサウンド”

Takuya Shinkawa (Stiffslack)

現在レコーディング中のアルバム発売前となる、今回のジャパンツアー。

東京公演初日には、これまでにリリースした作品全曲
(Self-titled / Lights Out / Overreactor)

東京公演二日目では、ニューアルバム収録予定の全曲

名古屋公演では、
新旧織り交ぜたセットを予定しております。

The Lost Boys


Annabel

世界中に数多く存在するであろう Weezer チルドレン。
この形容詞を冠するバンドの中でも、確実にアタマ一つ突き抜けた存在。

シンプルなパワーコードをベースに、
極めて純度の高い極上メロディーをのせた、王道の楽曲群。

新作では、Evan Weiss (Into It. Over It.) がプロデュースを担当。

ストレートなアプローチ故に、
強烈に光る、ポストエモリバイバル、新生代の感性。

あまり知られているバンドだとは思いません。
一方で、潜在的なバンドとしての力は未知数だとも思ってます。

明日、一気にスターダムにのし上がったとしても、驚くことはないでしょう。
それ程に、彼らの楽曲は、多くの人を引き付けうる魅力に溢れていると感じています。

この招聘をきっかけに、
できるだけ多くの方に知って頂けたらと切に願っております。

The Lost Boys


Artwork direction by
Andy (of Annabel)

Supported by

Fever

RR-Coffee

Liveage

Accea
新宿南口店